憲法九条は世界の宝 暮らしと平和 新婦人 定期大会

憲法9条は世界の宝 暮らしと平和まもり、女性の切実な要求実現へ
・・・第37回 新日本日人の会 夕張支部  定期大会 開催!・・・

12月4日、清水沢研修センターにおいて
「憲法九条は世界の宝 くらしと平和を守り、女性の切実な要求実現へ 草の根の新婦人 大きな飛躍を」と題して第37回 新日本婦人の会夕張支部大会が開催されました。
1、戦後・被爆六〇年 、平和求めて
2、住み続けられる地域・暮らしを守る運動広げて
3、みんなの要求を大切に 仲間広げて
などの議案を討議し 議案採択、新役員を選出しました。
会場に並べられたのは

『輝け平和憲法』
『I LOVE 9』
『輝け 憲法!はばたけ新婦人!』
の文字と会員一人一人の手書きの平和への思いが書き込まれたタペストリー。
今年のたくさんの活動を振り返り、来年の活動につなげていきましょう。」という久世公子会長の挨拶。

続いて、私、くまがい桂子市議は「総選挙において、48%の得票で73%の議席を獲得した小泉自民党は暴走を始め、憲法改悪、米軍の千歳へ訓練地移転など、国民は平和と暮らしに危機感を募らせている。 また、地方財政も行き詰まり、夕張市でも連絡所の廃止問題では市民の大きな反対の声と署名運動が始まったことを受けて、議会の中に『まちづくり政策特別委員会』が設置され全議員で検討することになったのは、大きな前進。これからも、平和とくらしを守るために、力をあわせてがんばりましょう」 と挨拶しました。
 
議案提案の後、昼食には精神障がい回復者の『シューパロクラブ』の手打ちうどんが振舞われ、舌鼓を打ち、午後からは全国小組フェスタへの参加報告、パート労働者から過密労働の実態報告、水中ウォーク小組の活動報告などに続き、議案採択、新役員の選出を行い、全日程を終了しました。

カテゴリー: 暮らし パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください