「憲法改悪反対運動 夕張推進センター 統一行動

 「憲法改悪、庶民大増税は許さない!11・19国民大集会」に呼応して
「憲法改悪反対運動 夕張推進センター 統一行動がおこなわれました。
 小雪の降る中 推進センターに加盟している労働組合や 婦人団体などから16名が参加。
「憲法改悪に反対する署名」201筆を集めました。  
 私は声の宣伝を担当しました。内容は次のとおりです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ご通行中のみなさん、市民のみなさん。
こちらは、憲法9条をまもる 「憲法改悪反対運動 夕張推進センター」です。
本日は東京明治公園において  5万人規模の、
「憲法改悪、庶民大増税は許さない!11・19国民大集会」が開催され、
北海道からは、300名を超える代表者が参加、
夕張からも代表1名が参加しています。
 日本国憲法第9条には、平和のために不可欠な3つのことがかかげられています。
「戦争をしないこと」
「戦争のための武力をもたないこと」
「海外で武力を使わないこと」です。
いま、この9条を変えることを一番の目的に、憲法を変えようとする企てがすすめられています。
 自民党は、10月28日に、新しい憲法の草案を発表しました。
そこでは、憲法の前文(まえぶん)から、
「政府の行為によって、再び戦争の惨禍がおこることのないように決意」するという、
不戦の誓いをバッサリと削りました。
また、「戦力をもたない、交戦権を認めない」とする第9条の2項を削除し、
代わりに「自衛軍」という軍隊を持つと明記しました。
その軍隊は、自衛以外にも「国際的に協調して行われる活動」には参加するとして、
海外での武力行使に道を開くものとなっています。
自衛軍という軍隊をもって、日本をアメリカとともに「戦争する国」に作りかえるのが、
自民党の憲法改定の最大の狙いです。
憲法改悪に反対する署名にご協力ください。
日本は 憲法9条がのおかげで、戦後60年間、他の国を侵略したり、人を殺すことがありませんでした。
いま、イラクに自衛隊が派遣されていますが、幸にもイラクの人に銃をむけ、殺すことだけはしていません。
それは憲法9条の歯止めがあるからです。
日本を再び戦争する国にさせないためにも、憲法9条を守りましょう。
 アメリカは、日本が世界中の戦争に参加できるよう、この9条を「日米同盟の邪魔」になるとして、憲法改悪を迫っています。
10月末に 日米安全保障協議委員会が開かれ、在日米軍基地の再編強化と 自衛隊との一体化を内容とする「中間報告」が発表されました。
これは、アメリカが対テロ戦争などを口実にして、中東やアジア・太平洋地域で引き起こす戦争に自衛隊を深く組み込むものです。
 21世紀の国際社会では国と国との紛争は対話を基本とした外交の力によって解決するというのが、世界の流れです。
オランダでのハーグ国際市民会議は、「日本の憲法9条のような憲法をどの国ももつようにしよう」と決議し、国連ミレニアムも同じような確認をしています。
このように日本の憲法9条は世界平和の目標になっています。
イラクなどの紛争地域でボランティアに従事する人たちは口々に言います。
「丸腰の強さ」「軍隊を持たない国の国民であることの強み」が9条の真価です と。
この憲法9条を変えさせてはなりません。
 アジアの人々が、いま日本の動きを不安の目でみつめています。
小泉首相が、戦争犯罪人を英雄とまつる靖国神社への5度目の参拝を行ない、その上、9条を変えようとする、こんなことではアジア外交がいきづまるばかりです。
日本は、憲法9条があるから 戦争しない国として、世界中から信頼されてきました。
「戦争する国」に突き進む小泉内閣の暴走をやめさせましょう。
憲法改悪に反対する署名にご協力ください。
 
 憲法から9条をなくすことは、社会の仕組みを軍事優先に改変し、くらしや福祉、教育をいま以上に犠牲にすることです。
軍事費のために消費税があげられ、年金や医療などの社会保障が削られる、
そんな日本にしてはなりません。
また、自民党の憲法草案は、「公の利益や公の秩序」を理由に基本的人権を制約し、憲法改定の要件を緩和するなど、 基本的人権と 民主主義を 形だけのものにしようとしています。
 自民党だけでなく、民主党も、10月31日に、「憲法提言」を発表しましたが、自民党と同じように海外で武力行使ができるように、憲法9条を変えるものとなっています。
公明党も「加憲」と言って 憲法を変える流れに合流しようとしています。
自民党・民主党・公明党が、憲法を変えて、「戦争する国」を競い合う、
そんなことを許してはなりません。
 市民のみなさん、軍隊で平和はつくれません。
 いま、「憲法を守る、この一点で手をつなごう」と、ノーベル文学賞作家の大江健三郎さんたちのよびかけにこたえて、
日本中でさまざまな「9条の会」がうまれています。
先日の毎日新聞の世論調査では、戦争放棄や戦力の不保持を定めた 9条については
「変えるべきでない」が62%で、「変えるべきだ」の30%の2倍にもなっています。
「日本の平和を守るために、憲法9条は役立ってきた」と、8割以上の国民が考えています。
日本を「戦争する国」にしないため、ご一緒に「憲法9条を守ろう」の声をあげましょう。
憲法改悪に反対する署名にご協力ください。

カテゴリー: 平和情報 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください