ロンドンでの連続爆破事件・郵政民営化法案に対して街頭宣伝を・・・。

 7日朝に起こった、ロンドンでの連続爆破事件・郵政民営化法案に対して、
8日・9日と市内19箇所で街頭宣伝をしてきました。
 現地時間7日朝、ロンドンで通勤時の地下鉄やバスで連続爆破事件がおきました。
 この爆破事件がもしテロだとすれば、「テロに屈するな!」という声がますます大きくなり、対テロ戦争が拡大する可能性が出てきます。
 しかし、「対テロ戦争」でテロをなくすことはできません。
現在のアフガニスタンやイラクの状況をからわかるとおり、「戦争がテロを呼び、テロがまた戦争を呼び、その戦争がさらにテロを呼ぶ」この「憎しみと殺戮の悪循環」をみれば「対テロ戦争」が「全世界へのテロの拡大を招いている」ことが明らかです。

 日本をテロの被害から守ろうと考えるなら、まず、イラクから自衛隊を撤退させること。
さらに「テロの根絶」のためには世界中で平和教育を行うことと、世界中の軍事費を、世界中の人々貧困を根絶させるために使うことではないでしょうか。
  
 
 

カテゴリー: とびとび日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください