北海道土木現業所・空知支庁 要請行動

 24日、北海道土木現業所長沼出張所と空知支庁に、統一要請行動に行ってきました。
 福祉・建設・商工・農林・総務・教育・保健所・公安・JR等への百項目以上の要請をしました。
 夕張市に関するもののみ、掲載します。
 土木現行所では、
*夕張トンネルは完成したものの、それにつながる札夕線の工事が遅れており、工事期間中の暫定接続道路がクランク状態になっていて非常に危険なため、本道路を早急に完成させて欲しい。
回答~ 昨年度でも年間10億以上の予算を投入して工事は急いで入る。地滑り対策と同時進行なので完成はH19~20年の見通し。


*熊の沢入り口の熊の沢入り口が交差点の少し手前にあるため、朝の通勤時間帯にはラッシュとなり本線に出られず大変困っている。 交差点の停止位置をずらし熊の沢から優先的に出られるようにするか、または押しボタンの信号機を設置するなど、対策を講じてもらいたい。
回答~ 長年の要望であるが、跨線橋の架け替え工事は当分予定はされておらず、夕張・長沼線新道路が完成したときに一緒に工事という話もあったが、、新道路も開通の見通しは立たない。
停止位置や信号機は公安委員会へ要望を。
**最後に、教育問題で中学校の免許外教科担当の解消について
元教員として「教えるほうも非常に大変だが、教えられる生徒も不幸。保護者も心配が尽きない。行政責任としてどのように考えるのか?」「定員の範囲内で、各校にバランスよく教員配置をしたい。」「定員の枠内では不可能。定員の是正をすることから考えていただきたい。」と要望してきました。
6月2日は全道各地から共産党議員が集合し、札幌で北海道交渉の予定です。

カテゴリー: とびとび日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください