新しい「夕張市史」を編むー第22回鹿ノ谷ゼミナール

DSC_0040cc

 

5月16日、日本キリスト教会夕張協会において、第22回鹿ノ谷ゼミナールが開催され、参加しました。

「地方史(自治体史)の可能性を求めてー新しい「夕張市史」を編むーと題し、宮崎伸光法政大学法学部教授がDSC_0040c講演を行いました。

 宮崎教授は、「祖父や父が一時期夕張で暮らし、鈴木市長は教え子。

 また、09年からはゼミの学生とともに『夕張ボランティアツアー』を継続してきた。

 市民目線で、市民の記憶を喚起し、政策選択の幅や市民運動・住民運動なども歴史として残すために、私たちがお手伝いをして、映像を含めた市史をマルチメディア化したい」と話していました。

さらに、22日には、市議会議員の研修として、お話を伺うことになっており、楽しみにしています。

カテゴリー: ゆうばり市民活動, 夕張市, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください