北海道母親大会 池田香代子さんの講演より『微力を集め、平和な世界を』

9月25日、北海道母親大会で「世界が100人の村だったら』「やさしい言葉で日本国憲法」「戦争のつくりかた」等の出版でおなじみの池田香代子さんの講演から、是非紹介したい部分を要約しました。

…一人ひとりが大切にされない状況の最たるものが戦争です。戦争は戦場で始まるのではありません。人の心の中で始まります。一人ひとりを大切にしない心の中で、つまり人権を軽んじる心の中で、戦争は始まるのです。

「世界がもし100人の村だったら」はいろいろな人がいるということを知り、受け入れあうことを呼びかけています。私にとって、私が大切なように、誰もがその人にとって大切なのだということを踏まえないすべてのことは、誤りであり、そこへとミスリードする言葉は嘘で塗り込められている。嘘を見抜く力がますます大切になってきます。

私たちは微力ですが、無力ではありません。微力を集めて大きな力にすることが大切です。そのために、次の5つのことを提案します。

?自分の親しい5人の人に平和の話をする。
?マスメディアの組織の中でがんばっている人を支える。

(少しでも良かった番組に、メール・葉書・ファックス等で応援を。コツは、良かった部分をほめ、再放送の要望や「あの部分をもっと詳しく」など、意図的に。多数の視聴者の要望は、番組づくりに反映されます。)

?投票に行こう。
?議員に近づき、平和の話をしよう。

?買い物などで、地産地消
(地元で生産したものを地元で消費する〜石油と農薬の使用を減少)と、フェアトレード(第三世界の「人」と「環境」を考える交易〜公正な商取引を通じて、第三世界に住む立場の弱い末端の人たちの自立支援と環境保全)を意識しよう。…

カテゴリー: Weblog パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください