除雪支援は?

 生活相談の連絡があり、うかがったお宅は 除雪の相談でした。
 以前は夫さんがされていた 私道50mほどの除雪機での除雪。
 夫さんが他界され、昨年は足の痛みをこらえながら 除雪機を押して生活道路を確保された女性ですが その無理がたたってか 左足が壊死のため  
ひざの下から切断。
 しかしパワーあふれる彼女は義足をつけ 車の運転もこなします。
ところが困ったのは 除雪です。 
いくらパワーにあふれていても 義足では除雪機の操作はできません。
市役所の 福祉除雪は 玄関先だけが対象なので 該当せず。
シルバー人材センターでは 高齢者なので 除雪機の操作は 請け負っていません。
 そこで「生活相談」となった次第。
最悪の場合は 市営住宅への転居も視野に 方策を探しました。
役所の障がい者福祉に言っても らちがあかず 公営住宅の入居相談の窓口で入居条件の話をしてみると・・・・持ち家がある場合、処分しなくてはならず、これもそう簡単には いきません。
 結局 窓口の女性職員が 民間の除雪請負の チラシのことを思い出してくれたおかげで 一気に解決しました。
 1時間1500円という良心的な値段ではありますが、この費用に対応する福祉施策はまったくありません。 一冬どの程度の 費用になることでしょうか。
 介護保険では 除雪は対象にならず、障がい者福祉でも・・・。
雪国で 障がい者が自立して生活していくためには 欠かすことのできない除雪です。
 ほんとうにこれでは 「福祉」ではなく 「福死」ですよね。
介護保険・障がい者自立支援法 ~ こんなに立派な名前がついているのに!

カテゴリー: 人権問題 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください