選挙・・・安心して暮らせる 社会を !

8日、衆議院の解散が決まってから、9日、10日、11日、12日、15日、16日と40箇所を超える街頭宣伝をしてきました。 ( 7月は29箇所 )
 
 「いま、60年前に終わった戦争をどう見るのかが、国の内外から問われていること、郵政民営化、靖国問題、教科書問題、大増税、憲法改定問題、・・・ 確かな野党 共産党を!」と 訴えています。
 物陰や網戸の陰でじっと聞いている人、「暑いのに、ご苦労様です。また、戦争になったら、たいへんだもの…。 がんばってくださいね。 よろしくお願いします。」と 声をかけてくださる方。
 すぐ目の前で腕組みをしてじっと聞いてくださった方が、
「今の政治には本当に腹を立てている。 なして貧乏人がこんなにいるのに、自分の懐のことしか考えないんだ? だから、犯罪も増えるんだべ! 小泉がここにいたら ぶったたいてやりたい!
一揆をおこすべ!っていってるんだ! 少ない年金は減らされる、 税金は増える、 俺たち、ぎりぎりの年金で暮らしてるんだ。 病院にも行かないばなんない。 食べる物へらすしかないべ!
 贅沢なんかは、しなくてもいい。 俺たちみたいな貧乏人でも 安心して暮らせるように するのが政治家でないのか! 友達は首つって死んだ。 俺も死んだほうが楽だ と思うときがある。 何とかしてくれ!」
と 一時間以上も ご自分の病気と 生活苦、 政治に対する憤りを 話されました。
・・・ さんざん働いて 病身を抱え 高齢期になって 生活不安におびえる・・・ こういう方たちこそが 本当に安心して暮らせる 社会をつくらなければと思います。
 選挙後、生活相談を約束してきました。

カテゴリー: とびとび日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください