自然保護」タグアーカイブ

「オオカミの声が聞こえる」加藤多一 作 ~読んでみました

オオカミの声が聞こえる どこかの記事で、書評を目にして思わず注文しました。

これまで加藤さんの作品は「馬を洗って」くらいしか読んだことはなかったのですが・・・素敵な装丁に久々に胸が高鳴ります。

著者の加藤さんは夕張市の産廃処分場計画にいち早く反対の声を上げてくださり、私たちの反対運動の大きなきっかけをつくってくださった方でもあります。

お住まいが近くの長沼だったこともあり、実際にお会いしてお話しする機会にも何度か恵まれてきました。近年、パートナーを亡くされて、お住まいも遠くなったこともありお目にかかる機会もなく、気になっていました。今年になってからの出版ということで、(お元気になられたようでよかったという思いで)いそいそと読み始め2時間ほどで読み終わりました。

期待通りの***です~ 早速、夫にすすめ、次は娘に・・・と思っています。