タグ別アーカイブ: 再生計画

市政も国政も「市民+野党共闘」が要(かなめ)です!

(民報ゆうばり2017.1.1号 くまがい桂子の「木もれ日あびて」より)

市の財政破たんから10年の昨年、国政も市政も激動の年でした。

1月の夕張市再生方策検討委員会主催の懇談会には、市民200人が参加し、さまざまな意見が出されました。

2月、衆議員の予算委員会でははたやま和也衆議が夕張問題を20分にわたって質問。

3月、私も夕張市議会で「歴代の総務大臣も認めた国の責任を果たさせ、市民の安心と希望のまちづくりを」と訴えました。

4月、『報道の自由度ランキング』発表! 180国のうち、日本は61位から72位へと転落!

5月、岩見沢での『戦争法廃止!5・3憲法集会』に250人が参加。

6月には10団体の実行委員会で『安全保障関連法(戦争法)の廃止を求める南空知集会)に250人が参加。

7月、参議院選挙でいわぶち友さんが当選。『市民+野党共闘』がスタートし、共闘した1人区で11の選挙区で野党が勝利しました。

そしていよいよ8月、札幌で開催された「夕張市の財政再建を考えるシンポジウム」(北海道地方自治研究所主催)において、夕張市史の編纂を市から委嘱されている宮崎伸光法政大学教授が

「当時問題視されたジャンプ方式(会計操作)は、夕張市だけではなく、道庁を始め全国で80の自治体で2300億円が明るみに。当時このことを国や道庁がわからないわけはなく、夕張市の多額の借金を全国に〝見せしめ〟として利用し、市民のプライド、誇りが著しく損なわれた。『死なない程度の住民サービス』『過酷な職員の処遇』等の政策はナショナルミニマム(国が保証する最低水準の生活)の切り下げにもつながり、他自治体への波及効果も高い。労働人口・中間層の人口流出により、高齢者が半数で活力不足。各労働組合は連帯して運動をつくるべき。貸し手責任を免れた金融機関と国で救済措置を」―と発言しました。(詳細はこちら

私たちが破たん当初から訴えてきた「夕張問題の解決策」の正当性を裏付け、公言する研究者が、また一人増えるものとなりました。

戦争する国づくりにひた走る安倍政権を倒すことこそが、「誰もが安心できる夕張」への一番の近道。

次の総選挙では、必ず「市民+野党共闘」で勝利しましょう!


誰でも見られる「フェイスブックページ」つくってみました

フェイスブックページこれが、フェイスブックページの写真です。

普通のフェイスブックは、フェイスブックに登録していなければ見ることができない・・・うかつでした。

それではブログに埋め込んでも、見ることができない人もたくさんいたはずです。

そこで、『誰でも見ることができるフェイスブックページ』つくってみました。

是非、下の画像をクリックして、フェイスブックページご覧ください。

今回の市議選をたたかう政策を載せた民報ゆうばり3月・4月号外です。ぜひお読みください。(見やすい写真にかえました)


木村けんじ(道議予定候補)さんのブログ再開!

北海道議会議員選挙に空知選挙区から立候補を表明した、木村けんじさんのブログが再開。今日のブログは「ほっかい新報」2・3月号外(空知版)が紹介されています。

もちろん、夕張問題も!      ぜひご覧ください。


★議会活動・報告★のページを追加しました

gikaihoukoku 2011年6月からの議会活動をリーフにまとめるつもりで作業をしていて・・・

これはHPにもまとめて、「民報ゆうばり」にリンクさせて概要を、夕張市のHPの『議会会議録』にリンクで質疑応答の全文が読めるようにしたら~?

議会に傍聴に来られない方にも、”臨場感あふれる議会の様子”がお知らせできるのでは・・・?

そう思ってつくりました。みんなで「お任せ民主主義」は卒業しましょうね!

このサイトの一番上、メニューから★議会活動・報告★をクリックして、ぜひご覧ください。

…そういえば前期2003~07年のサイト(只今、工事中)には、議会質問原稿をアップしていたのでした…


憲法が保障する「最低限度の文化的な生活」って、どのレベル?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA来月11/8・9に、プロバスケットチームの試合が夕張で開催されることに決まり、9日は体育館の現状も視察。

夕張支援の意味合いもあるとのことで、ありがたいお話なのですが、問題は施設の保守管理に財政縮減で予算が回っていないことです。

たとえば、会場のメインアリーナの照明ー少なくない数の電球が切れたまま、更新されずにー聞けば1個一万円近くするのだとか。 続きを読む


2014.3月議会の質問~再生計画の期間短縮に向けて、住民自治の力を!

民報ゆうばり-2014-04-06 3月13・14の二日間にわたって、H26年度定例市議会の大綱質おこなわれました。

 私は「再生計画の期間短縮につて」「子育て・若者世代の定住を」「学校支援ボランティアについて」「石炭博物館について」の4点についてただしました。

概要は左の画像をクリックすると民報ゆうばりPDF画面でお読みいただけます。