カテゴリー別アーカイブ: エッセイ「木もれ日あびて」

「三者のもたれ合い」質す時~「実践的住民自治&社会力」で!

財政破綻から10年。節目の3月初旬には臨時議会が開かれ、「夕張再生 13年で353億円増」の新聞報道。

「子育て政策」や「若者世代の移住・定住政策」などに重点が置かれた、財政再生計画の抜本的な見直しが行われ、46の新事業に総務省が同意しました。

続く第1回定例議会では、「2子目以降の保育料は無料」「中学生までの医療費はほとんどの家庭で無料」「高校生の通学費用も無料に」「定住・移住に向けて各種の補助金」(1面記事)など等具体的な政策が明らかに。

「地方自治は地域住民の健全な発達に資さなければならず、そのためには財政運営のための財源を確保すべきと憲法94条にある。」この、自由法曹団の「夕張市の再生と市民の権利擁護に関する意見書」にあった文言も、これまでの議会質問の中で述べてきました。

しかし、並行して10年後の2026年まで、今後毎年26億円ずつ、総額353億円の返済は続きます。

毎年必ず、私が議会質問で訴えてきた、「夕張財政破たんの国や道の責任、企業や銀行の貸し手責任等」については、一言も触れられていません。

07年11月15日の十勝毎日新聞の記事「夕張に学べ~自治の責任」には、「夕張に学べ~番外編~」(働いた力)―相次ぐ炭鉱閉山を受け、「観光」をまちの主要産業に位置づけ、1979年から24年間、市長として夕張市をけん引した故・中田鉄治氏。身の丈に合わない大型予算による“ハコモノ行政”や不適正な財務処理は、借金を増大させた。加えて、多額の地方債発行を認め続けた国や、不正な財務処理に見てみぬ振りをした道。3者の“もたれ合い”が破綻へと導いた。―とあります。

「3者のもたれ合い」―これをこのまま、なかったかのようにしておいて良いものでしょうか?
皆さんはどう思われますか?・・・「お任せ民主主義」と言われた10年前。
私は、いよいよ、これを質す時ではないかと思います。
主役はこの10年で培った、市民の力~「実践的住民自治&社会力」ですね!

(民報ゆうばり4/2号に掲載した「木もれ日あびて」に、一部加筆&リンクを加えました。)


市政も国政も「市民+野党共闘」が要(かなめ)です!

(民報ゆうばり2017.1.1号 くまがい桂子の「木もれ日あびて」より)

市の財政破たんから10年の昨年、国政も市政も激動の年でした。

1月の夕張市再生方策検討委員会主催の懇談会には、市民200人が参加し、さまざまな意見が出されました。

2月、衆議員の予算委員会でははたやま和也衆議が夕張問題を20分にわたって質問。

3月、私も夕張市議会で「歴代の総務大臣も認めた国の責任を果たさせ、市民の安心と希望のまちづくりを」と訴えました。

4月、『報道の自由度ランキング』発表! 180国のうち、日本は61位から72位へと転落!

5月、岩見沢での『戦争法廃止!5・3憲法集会』に250人が参加。

6月には10団体の実行委員会で『安全保障関連法(戦争法)の廃止を求める南空知集会)に250人が参加。

7月、参議院選挙でいわぶち友さんが当選。『市民+野党共闘』がスタートし、共闘した1人区で11の選挙区で野党が勝利しました。

そしていよいよ8月、札幌で開催された「夕張市の財政再建を考えるシンポジウム」(北海道地方自治研究所主催)において、夕張市史の編纂を市から委嘱されている宮崎伸光法政大学教授が

「当時問題視されたジャンプ方式(会計操作)は、夕張市だけではなく、道庁を始め全国で80の自治体で2300億円が明るみに。当時このことを国や道庁がわからないわけはなく、夕張市の多額の借金を全国に〝見せしめ〟として利用し、市民のプライド、誇りが著しく損なわれた。『死なない程度の住民サービス』『過酷な職員の処遇』等の政策はナショナルミニマム(国が保証する最低水準の生活)の切り下げにもつながり、他自治体への波及効果も高い。労働人口・中間層の人口流出により、高齢者が半数で活力不足。各労働組合は連帯して運動をつくるべき。貸し手責任を免れた金融機関と国で救済措置を」―と発言しました。(詳細はこちら

私たちが破たん当初から訴えてきた「夕張問題の解決策」の正当性を裏付け、公言する研究者が、また一人増えるものとなりました。

戦争する国づくりにひた走る安倍政権を倒すことこそが、「誰もが安心できる夕張」への一番の近道。

次の総選挙では、必ず「市民+野党共闘」で勝利しましょう!


3月議会終了~ノーマライゼーションのまちづくり~『若い人が生き生きと暮らすまち』へ

DSC_0075c 任期最後のこの3月議会に、今後の市の福祉政策に大きくかかわる、「子ども子育て支援事業計画」「第2次夕張市障がい者計画」「第4期障がい福祉計画」「第6期高齢者保健福祉計画」「介護保険事業計画」が提出されました。

どの政策も、国の制度の改編と大きくかかわり、国から地方への制度の移管もあります。これらは、どれも毎日の生活に直結するものであり、自治体の経済力にも大きくかかわり、『経済性』と『人間性』の対立が広がり、国の在り方、自治体の在り方が、鋭く問われます。

夕張の抱える『経済性』の問題として、全国唯一の財政再生団体であり、国の管理下にあることですが、歴代の総務大臣がはっきりと言明しているように、夕張市の財政破綻は国のエネルギー政策を転換する中で、―詳細は省きますが―国にも道にも企業にも大きな責任があったことは既定の事実です。今後、そのことをしっかりと位置付けながら、三者協議にも臨むべきと考えます。

また、全国平均の2倍の12.6%の障がい者の方たちが在住し、人口の48%が高齢者、24%が要介護の状況であることは、大変な状況と思われがちですが、実は障がい者福祉・高齢者福祉・介護の場に雇用の大きな受け皿があるということですから、この夕張市の進む方向として、社会保障の分野で雇用を創出することも大切なことと考えます。

都市の格という意味でいえば石炭博物館や石炭産業遺跡等の整備が予定され、さらに映画祭、夕張岳、シューパロ湖の湖面活用も間もなく始まり、又、市民がすばらしいしい芸術・文化を継承しているまちですから、生活環境・教育環境を整えていけば、若い人たちが生き生きと暮らす素敵な町になることと思います。

そういう素敵なまちをめざして、私も微力ながら少しでも貢献できるよう最大限の努力をしたいと決意しています。

3月定例会での質問と答弁の概要は「民報ゆうばり2015.3.29号」からどうぞ。


暮らしを守る議席、大きく!

2015.1.1.赤旗ニュース ある人が言った「700億円使って総選挙をしたのは、共産党の議席を2.6倍にし、議案提案権を得るためだったんだね」―この言葉が忘れられません。

参議院に続いて、衆議院でも議案提案権を獲得し北海道からも11年ぶりに「はたやま和也衆議院議員」が誕生しました。

すべての委員会に委員を配置できるのみならず、さらに主要な委員会には委員を複数配置でき、まさにこれから共産党の議員たちが国会で国民の代弁者となり、獅子奮迅の働きをしてくれることと思います。

米軍基地と自公政権の圧政に苦しみ続けてきた沖縄は、保守の方たちと共闘し、オール沖縄で『安倍自公政権NO!』の民意をしっかりと突きつけました。

-2015-1-1民報ゆうばり 「夕張市議会の共産党の議席、2議席にできないの?」そんな声も、何人かの方たちから寄せられました。

期待にこたえるためにも、「夕張財政破綻の国・道の責任」を改めて問い直し、市民の皆さんとともに、子どもから高齢者まで安心と希望の持てるまちづくりに取り組む決意です。

(画像をクリックすると、PDF拡大画像でお読みいただけます。)


「クレプトクラシー」(収奪・盗賊政治)

2012.5.22.消費増税 4月9日、経済協力開発機構(OECD)のアンヘル・グリア事務総長が「OECD日本加盟50周年記念シンポジウム」で、日本女性の働き方が異常(①労働参加率が低い②賃金が男性と比較して27%低い③非正規の約7割が女性④労働環境が男性に有利なように作られているー等)と指摘。

「しかも、育児だけでなく、家族の終末期の面倒も見なければならず、女性の6割が出産時に仕事を辞めているのはひどい」

さらに、日本政府が保育所などの就学前の施設に国内総生産(GDP)のわずか0.4%しか予算を投じておらず、デンマーク、フランス、スウェーデンの予算の3分の1だとも指摘したと報道されました。

 ~本当にその通り!だと思います。

しかし、違う切り口からみると…ブラック企業に4割の非正規労働者、ワーキングプア、消費増税なのに年金も医療も社会保障も削減etc・・・企業にだけ大減税、軍事費増強に公約違反のTPPetc…

日本の政治の多くがクレプトクラシー(収奪・盗賊政治)~これはブッシュ政権のころからアメリカ議会でささやかれていたとか。

図(クリックで拡大します)の「消費税は全額社会保障に使うは本当か?」消費増税の引き上げ分は0.8兆円のみ、増税分の半分を超える7兆円もの巨額な予算が大型公共事業や軍事費、法人税減税などに使われることが明らかです。これでどうして「全額社会保障に使う」などと言えるのでしょうか?

国民の利益を奪い取る政治「クレプトクラシー」(収奪・盗賊政治)をやめさせるのは、「デモクラシー」(民主制・民主政)国民の声と選挙だけです。

みんなで、がんばるしかありません。


「豊かな自然の夕張へ!」見学バスツアーを実施しました。

バスツアーチラシ(画像)9日(土)ゆうばり再生市民会議福祉・生活分科会では、被災者支援ネットワーク夕張夢再生館との共催で、被災者支援の一環として、「豊かな自然の夕張へ!」見学バスツアーを開催しました。

この取り組みは、日本共産党の衆議院候補森つねとさんと、みちのく会のお母さんたちとの懇談の際、「札幌で働きたくても、保育園がいっぱいで子どもを預けられない」―そんなお母さんの声をフェイスブックで知り、「夕張なら保育園にはすぐ入れるし、介護などの仕事ならある!」そんな思いが、この企画の発端になりました。

ゆうばり再生市民会議でマイクロバスの費用として、夕張市の『しあわせのハンカチ基金』に申し込み、助成が決定。札幌在住の避難者自助団体「みちのく会」(約1500世帯が加入)を中心によびかけ、札幌と富良野からの参加者も含め、移住を検討中の2家族と単身の方が二人。今後の参考にと、札幌の受け入れボランティアの方を含め、10名の方が参加してくださいました。

中学校小学校・中学校・高校・歩団地・栄団地・マウントレースイスキー場・はまなす会館の障害児等のデイサービスをご紹介し、昼食交流会後、夕鹿の湯で温まっていただきました。

早速、「建物の物件情報を見たい」という方、「少し広めの土地を購入して農業をやってみたい」という方には、市のHPからインターネットで情報(http://www.yubari-fudosan.jp/)をみていただきました。

ボランティアの方からは「札幌にも空港にも近いし、静かな自然の中で暮らしたい人にはいいですね。広報紙でも紹介させていただいたり、知り合いの方たちにもお話しします。今後とも是非よろしくお願いします。」

市民活動が、大きなネットワークにつながりました。夕張の良さをお伝えする被災者支援が夕張の再生につながれば、こんなうれしいことはありません。

★・・・夕張メロンだけじゃない・・・夕張にしかないもの~これらもPRしておきました・・・★★

★まちの大きな通りのわきにパウダースノーのスキー場 ~しかも、空港から一番近いゲレンデ~新千歳空港から55Km http://www.yubari-resort.com/)

★世界でも貴重な石炭博物館(http://www.yubari-resort.com/contents/facility/museum/) 

天然記念物の夕張岳(http://yuparikozakura.org/

★もうすぐ巨大シューパロダムの湖底へ(http://www.yubari-resort.com/contents/dam/

他にも、川では化石がごろごろ見つかる場所があったり、地下にはたくさんの石炭が眠っていたり・・・やはり夕張は ・・・ (2007/11/15 十勝毎日新聞記事より 自然と産業遺産が“財産”) 改めて再確認です。

・・・夕張破綻、今後の地域の在り方は… 地方自治研究者・河合酪農学園大教授に聞く http://www.tokachi.co.jp/kachi/07nenkan/20071115/bangai2.htm -夕張が歩む方向は。

 …歴史村は博物館でなくてはならないし、社会教育施設であり、文化的な価値のある産業遺産。そういう発想がなかった。世界文化遺産に指定された、島根県の石見銀山と極めて好対照。夕張の資源の1つは豊かな自然。ここはエコミュージアムということをきちんと掲げ、夕張岳、石炭などを財産と位置づけたまちづくりを考える。エコツーリズム、体験型交流型で人に来てもらうネットワークの組み方がある。…


韓国でも『住民自治』

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 10月初旬、SBS(旧ソウル放送)からインタビューの申し込みがありました。

さて、インタビュー当日、この番組はソウル大学との共同制作で、「中田市政はワンマン・トップダウンで、他からの意見を聞こうとしなかったことも、破たんの原因の一つと聞いている。今、韓国でも同じような自治体が問題となっているため、現在の夕張市の状況、民主主義・地方自治・情報公開・首長と住民との対話等について話してほしい」ということでした。

そこで、「当時は国の大きな政策転換の中で、三セクの決算状況も公開されず、借金の額も闇の中だったことが巨額な赤字の原因の一つにもなった。

現在は、『市長とのふれあいトーク』や、市民5人以上が集まれば『市長と話そう会』、また、市民参画の協議会・検討委員会などが設置され、議会も各種の懇談会を開催し、市民の要望を聞く機会を何度もつくっている」こと等をお話しました。

最後に「住民の側からの自治について、どう考えるか」という質問。

とっさに「権力者が勝手に決めて上から押し付けるのは、自治ではなく統治。民主主義は住民が生活の中から問題点を出し合い、行政と住民が話し合いで解決、実現させていく『住民自治』が大切ではないでしょうか。」とお話しすると、笑顔でOKサイン。

まさに、「地方自治は民主主義の学校」です。

巨額な代償を支払って得た夕張市民の『住民自治』は始まったばかり。財政破たんの責任と分担を明確にするのはこれからです。

※写真は記念にいただいた、「SBS」のロゴ入りボールペンセットです。