カテゴリー別アーカイブ: ★きょうの一枚★

カジノより子どもの未来~石川ともひろ北海道知事候補

苫小牧市での日本共産党演説会で、市民と野党の統一候補石川ともひろ候補のあいさつ(要旨)~暖かそうないい笑顔ですね。


「戦う少女」と「処女信奉」~少女マンガとジェンダー6

一方で処女信奉、一方で性の商品化~そんな歴史が長く続いてきました。

処女信奉はともかく、現代の日本はあいかわらず『性の商品化』は続いています。

それぞれのジェンダー意識が問われるように思います。

画像をクリックするとPDFでお読みいただけます。


地元に説明なく「除染土」埋め立て!?~赤旗記事から

環境保護の専門家の方たちは「危険物質・汚染物質はその場から動かさず拡散させないことが鉄則」とおっしゃっていますが、全く逆の発想ですよね…?(画像をクリックするとPDF画面でお読みいただけます)


「檻の中のライオン」~基本的人権はどこから 権力は誰のために使う

人間が生まれながらに持っている人権をなくし、そして…。「権力」という名のライオンがいて、「このとおりにやるよ」という契約書が「憲法」=檻ということ。ライオンが壊せないように檻は固くできているのに(憲法の改正は各議員の総議員の3分の2以上の…)、5年前に安倍政権は過半数に書き換えようと提唱。ライオンが「やわらかい檻に作りかえてくれ」と言い出した。(しんぶん赤旗2018.8.15.)


コスタリカの軌跡~積極的平和国家のつくり方

7月22日、札幌で開催された「北海道母親大会」の分科会で、以前から見たいと思っていた「コスタリカの奇跡」という映画を鑑賞しました。

コスタリカは、1948年に常備軍を撤廃、翌年には憲法にも規定して70年。

コスタリカの外交力や非暴力による紛争解決の歴史には、日本をはじめ他の国々も、おおいに学ぶところがあるはずです。

近隣の武装中米国家と異なり、軍隊を撤廃したコスタリカは、より多くの予算を教育や医療に投資することができ、50年以上にわたり、いかに大学までの無償教育や社会保障、国民皆保険の確固たる制度を築いてきたのかが映し出されますがー 続きを読む


「国が責任を認めるというのなら」~ちょうど2年前!

「国が責任を認めるというのなら」-2年前の畠山衆議(当時)の国会での質問と、そのことを書いたご本人のブログをご紹介します。