カテゴリー別アーカイブ: 議会

6月議会報告~民報ゆうばりからどうぞ

6.21民報 改選直後の6月議会は、3月議会のノーマライゼーションのまちづくりの続編というか、市長のまちづくりへのビジョンに組み込んでもらいたい、『高齢者独居でも・障がいがあっても安心の住環境を』をメインに質問しました。

すでに当別町で始まっている先進的な取り組みを、ぜひ研究して夕張でも実現してほしいというのがメインです。(画像をクリックするとPDF画面でお読みいただけます)

当別町の先進的な事業所はこちらです。

戦争立法反対の意見書は、残念ながら反対多数で採択されませんでした。次回は市民からの請願にして、反対する議員は多数の傍聴者の前で反対してもらいましょう!


9人の議員全員で仕事の分担

夕張市議会の役職が本日決まりました。議長・副議長は無記名投票で、その他の役職は議長・副議長一任というのが夕張市議会の慣例です。

議長:厚谷 司議員(2期目) 副議長:小林尚文議員(2期目) 監査:高間澄子議員(3期目)

行政常任委員長:大山修二議員(2期目)  副委員長:本田靖人議員(1期目)

議会運営委員長:千葉 勝議員(1期目)  副委員長:くまがい桂子議員(3期目)

議員会長:君島孝夫議員(1期目)   副会長:今川かずや議員(1期目)

これまでを振り返ってみると、2003年の初当選の際には、議員18人中会派が二つあり、会派の人数が多いほうが議長職・少ないほうが副議長など様々な力関係でポストが決まっていたようです。私は唯一の共産党議員で当然会派もなく、役職はもちろん、全議員での会議もほとんどなないような状況でした。

2007年の選挙では次点~この時から議員の数が9人になったのですが、会派はありませんでした。

2011年には再選。9人中6人で会派をつくり、前半は会派議員で全部の役員を独占。委員会が増えた任期後半は議運の副委員長という役職がまわってきましたが、議運の準備のための打ち合わせには外され(やり方があまりにも姑息なので、異議を唱えるのもバカバカしく…)名前だけの副委員長でした。

2015年、今回も議運の副委員長にということでしたので、「役職に関する会議や打ち合わせには参加を」と要請をしたところです。(当たり前すぎる要求ですが…)

市民のための開かれた議会になるよう、しっかりと努めたいと思います。


三度目の当選証書~市の財政破綻に立ち会った唯一の議員になりました

2015.4.26.当選証書

4月26日、三度目の当選証書を受け取りました。そして、市の財政破綻に立ち会った唯一の議員になりました。

夕張市の市議選では、万全の準備をしてのぞみましたが、結果的に夕張市議選史上初の無投票当選となりました。

市長選挙も無投票で28年ぶりだそうです。

市議選では4人の新人が当選し、夕張市以外の出身2015.4.26.当選証書者が私を含め約半数になりました。

一年でも早く国の管理下から脱却し、夕張を誰もが安心して暮らせるまちにするために、気持ちも新たに4年間、精いっぱい努力したいと思います。

市民の皆さんの思い、ご要望、ご相談、どんどんお寄せくださいね!

 

 

 


夕張市の未来を考える公開政策提言会開催 ビデオ~ぜひご覧ください!

4月5日、主催は夕張青年会議所 一般社団法人夕張再生の会が共催で、夕張の未来を考える公開政策提言会実行委員会(リンカーン・フォーラム後援)の公開政策提言会が開催されました。

しっかりと政策を述べる機会、聴いていただける場~本当に必要だと感じました。是非ご覧ください。

公開政策提言会1(自己紹介・必要政策) ←(くまがい桂子は10:16から)

公開政策提言会2(フリーディスカッション)

公開政策提言会3(フリーディスカッションまとめ)←(くまがい桂子は1:10から)

公開政策提言会4(夕張市のビジョン・最後のメッセージ)←(くまがい桂子は13:06から)

※提言会全体のビデオはこちらからどうぞ~http://e-mirasen.jp/councilor/hokkaido/