夕張市の広報紙に戦車の写真折り込み!「北恵庭駐屯地記念行事~君は見たか北恵庭の戦車を~」

7月1日付の「広報ゆうばり」に下記のチラシ(B4サイズ)が折り込まれました。

多くの市民が「何事かとびっくり!こんなチラシの折り込みは初めて!これを市が全戸配布?!」という感想です。裏面には戦車等の体験搭乗コースの説明も。。。

市役所の担当課、総務課長にお話をきくと、「憲法云々は横において、災害時にお世話になる師団。災害時の困った時だけ、こちらから一方的にお願いしますだけではなくて、組織と組織の協力関係が大切ということで、折り込みをした。何か問題でもありますか?」ということなのですが、はたしてそうでしょうか?

日本国憲法のもとでは、公務員は99条(第10章最高法規)に基づき、「憲法を尊重し擁護する義務」を負う。~と規定されています。武器を持たないと決めた平和憲法を尊重し、擁護する義務があるはずです。

しかも、参議院選挙で安倍政権は憲法を改定し、自衛隊を憲法に書き込むことや緊急事態条項を加えることも明言しています。このチラシが参院選に与える影響を考えれば、あまりにも慎重さに欠けるものではないでしょうか?

市長に面談を申し入れて数日経ちますが、なかなかアポが取れないので、とりあえず抗議文を届けてきました。以下、抗議の文面です。(画像をクリックするとPDF画面でお読みいただけます。)

【関連:この件を取りあげた民報ゆうばり8/11号も是非お読みください】

 

EPSON MFP image

 

 

EPSON MFP image


19 thoughts on “夕張市の広報紙に戦車の写真折り込み!「北恵庭駐屯地記念行事~君は見たか北恵庭の戦車を~」

  1. 小樽

    自衛隊は戦争をする為の組織ではないと考えます。
    自衛隊と言う組織がどういうものでどのような活動をしているかを国民の皆様に理解して頂くためにも駐屯地記念行事のチラシを折り込んだまででは?
    お言葉ですが駐屯地の記念行事には多数の方々が訪れ、小さな子供たちからお年を召した方々まで幅広い年代で人気なのも事実です。
    どうでしょう、ただ単に「折り込みチラシ」が教育に悪いとでも言うならば、自衛隊という組織が好ましくないと考える方々の名簿を取り、その方々には今後記念行事等のチラシを折り込まないと、そういった小さな活動をくまがい様自ら行ってはいかがでしょうか。それが夕張市民、国民全てが望んでいることだとしたら、やらない他ないですよね。
    追記
    自衛隊は確かに火器を保有しておりますが、それは「国防」の為に保有しているものです。さて、他にも火器を保有している組織があります。警察ですね。警察は毎日腰に拳銃を装備していますよね。
    そちらの考えでは警察官が腰に装備している拳銃すら悪影響なのでは?それに警察は拳銃以上の火器も保有しています。
    警察も自衛隊も、国を守っているという点では同じです。なのに共産党の方々はなぜ自衛隊のみ批判するのでしょうか。
    この国のより一層の発展の為にも、各党の方々には頑張って頂きたいと考えています。

    返信
    1. 小樽

      今回チラシが織り込まれたのは、72戦車連隊の警備担当地区が夕張市だからではないでしょうか。実際、隊区の招待者で地元の高校生が二人参加したとも伺っております。

      返信
      1. kumakei 投稿作成者

        小樽さま
        コメントをいただき、ありがとうございました。
        本日アップした 民報ゆうばり8/11号 「自衛隊チラシ」全戸配布に抗議!を是非お読みください。今回折り込まれたのは担当地区の中の2つの町だけです。

        返信
    2. kumakei 投稿作成者

      小樽さま
      コメントをいただきありがとうございました。
      本日アップした 民報ゆうばり8/11号 「自衛隊チラシ」全戸配布に抗議!を是非お読みください。

      返信
  2. 澤井翔太

    失礼ながら何をおっしゃっているのかよく理解できかねます。
    まず自衛隊とは国家を守るために必要最小限度の装備品を保持した国を守るための組織というのが大前提です。そのため絶対条件として専守防衛が掲げられています。
    そして次に憲法では武器そしてあなたは兵器とおっしゃっていましたが先ほど書いたように武器や兵器ではなく「装備品」を保持しているのですこの装備品は国民の皆様からもらった血税で買ったものです。そこを勘違いしているのならばそういった文章や抗議をするのは良くないかと思います。
    また、戦車を兵器とおっしゃっていましたが何か勘違いしていますね。確かに戦車は大砲を搭載していてすごい破壊力も持っていますが、それ以外の活用法もあるんですよ。8年前の東北地方太平洋沖地震のとき東京電力の福島第一原発が爆発し大量の放射線で汚染されたときがれきを除去するために実際には活躍こそしなかったものの、戦車は高い機密性を保持しているので、ずっとがれき除去出動命令がかかるまで待機していたのですよ。
    自衛隊の戦車は、攻撃することだけが任務だと思われがちですが災害派遣の時もものすごく活躍するのですよ。抗議文を送る前にそういったことを調べましたか?
    最後になぜ自衛隊に対して批判するのですか?昨年の胆振東部地震の時には大きな被害がなかった夕張にも現状確認のために自衛隊の車両がきていました。こんな小さな町でも国民の皆様が心配で来てくださっているのです。これほどまでに北海道はもちろん日本のために日々厳しい訓練をしてきた自衛隊員や自衛隊のことを批判するのはおかしくないですか?
    子どもに悪影響だとおっしゃっていますが、女の子はわかりませんが、自衛隊があろうとなかろうと男の子はそういったものに憧れるものなんですよ。しっかりと今私が書いたようなことを調べてから抗議文を送ってください。全然知らないで抗議文を送って批判されると日本のために危険を顧みず日々厳しい訓練をしている現場の隊員さん達が可哀想です。
    何度も言いますが今後そういった抗議文をを送るのであればしっかりと自衛隊のことについて勉強してから送ってください。

    返信
    1. kumakei 投稿作成者

      澤井翔太さま
      コメントをいただきありがとうございました。
      本日アップした 民報ゆうばり8/11号 「自衛隊チラシ」全戸配布に抗議!を是非お読みください。
      災害派遣にはそれに適した車両が必要ですよね。

      私たちは安保関連法のもとで、また、兵器を爆買いしている首相のもとで、アメリカの要請を断れず、海外に出かけて行って戦争に参加させられる自衛隊について懸念しています。

      返信
      1. ある一人の日本人

        横から失礼。

        「私たちは安保関連法のもとで、また、兵器を爆買いしている首相のもとで、アメリカの要請を断れず、海外に出かけて行って戦争に参加させられる自衛隊について懸念しています」

        とのことですが、7年前に訓練中の自衛隊員に向かって、まるで何の理性も持たない

        殺人マシンであるかのように「人殺しの訓練をしてきた(自衛)隊員」と発言しておいて

        いまだに撤回も謝罪もしていない上に、

        上層部にお咎めなしに済まされているオタクの身内がいますよね?

        これはどういう事なのかをご説明願いますか?

        →https://take540406.exblog.jp/15557064/

        返信
        1. kumakei 投稿作成者

          ある一人の日本人さま
          藤野保文氏についての事をおっしゃっているのでしたら、委員長から注意を受け、政策委員長を辞任しています。
          【参考まで】https://www.sankei.com/premium/news/160629/prm1606290006-n1.html

          返信
          1. ある一人の日本人

            おたくさぁ、このリンク先の記事を本当に読んだの?

            藤野氏のことではないんですよ。

  3. .

    見たところ役所の方の説明が全てで何も問題ないかと思います。過剰反応しすぎでは?

    返信
    1. kumakei 投稿作成者

      .さま
      コメントをいただきありがとうございました。
      本日アップした 民報ゆうばり8/11号 「自衛隊チラシ」全戸配布に抗議!を是非お読みください。

      返信
    1. kumakei 投稿作成者

      伊関さま
      コメントをいただきありがとうございました。
      本日アップした 民報ゆうばり8/11号 「自衛隊チラシ」全戸配布に抗議!を是非お読みください。

      返信
  4. ピンバック: 民報ゆうばり8/11号 「自衛隊チラシ」全戸配布に抗議! | ユーパロの風

  5. nozaki

    私が住んで居る長崎県大村市では普通に自衛隊のイベントの時には折り込み入ってます。この何が問題なのか全く理解できません。

    自衛隊の活動を一般の市民に知って貰う事が何故問題なのか、共産党は何故目くじら立てて喚くのか全く理解できません。

    いざと言う時は自衛隊自衛隊って言うのに、自衛隊が何かを行おうとする時は文句言う。

    その神経に怒りを覚えます。

    返信
    1. kumakei 投稿作成者

      nozakiさま
      コメントをいただき、ありがとうございました。
      本日アップした 民報ゆうばり8/11号 「自衛隊チラシ」全戸配布に抗議!を是非お読みください。今回折り込まれたのは担当地区の中の2つの町だけです。

      返信
  6. ある一人の日本人

    ツッコミどころが2点。

    ①私が「7年前」のケースを持ち出しているのだから、3年前の藤野氏の発言について

    触れていないことは分かりきっているはずでは? 「リンク先の記事を見落とした」と

    言われても、貴女の言っていることが全く信用できません。

    ②「この件については初めて知りました。私はこの件について説明する立場ではありません」

    という言い訳は通用しないのでは? 

    このブログのソースは共産党の機関紙「赤旗」(2012年6月13日付)で

    一般紙で言えば社会面に当たる紙面に掲載されているんですよ? 

    田村のこの発言を自党の機関紙に載せたということは、

    すなわち党の見解や方針に何ら反していないという証左では?

    おたくらは今まで政府側が失策を犯す度に「都合の悪いことを隠すな!」だの

    「説明責任を果たせ!」だの散々吠えておいて、自分に都合の悪い事実を突きつけられたら

    「私は知らない、説明できない」といわんばかりの言い訳を垂れるのは

    無責任かつ自分に甘いですよ。

    その上で貴女に質問。結局、「党の見解(方針)に反した」という理由で

    役職の辞任に追い込まれた藤野議員の「防衛予算は人を殺すための予算」発言と、

    いまだに不問に付されている田村の「人殺しの訓練をしてきた(自衛)隊員」発言は

    何が違うのですか? 小中学生でも分かるほど簡潔にご説明願います。

    返信
    1. kumakei 投稿作成者

      ある一人の日本人さま
      今回、私が記載されていたリンクを見落としていたのが間違いのもとでした。申し訳ありません。

      レンジャー訓練についての講演内容を記載したサイトがありました。
      http://www.yuiyuidori.net/iryou-fukusi/kumiaiho/2015/151/151_01.html
      上記のサイトは元陸上自衛隊・レンジャー隊員 井筒 高雄(いづつ たかお)さんが講演された内容です。この中で(4)レンジャー隊員と一般隊員の温度差~この記事によりますと「実践訓練になると、爆破、襲撃、斥候、隠密処理、潜伏、夜戦、山岳戦、対尋問行動などの訓練を行います。斥候というのはスパイ活動のことで、隠密処理というのは暗殺のことです。」とあります。
      「人殺しの訓練」と「実戦訓練での隠密処理=暗殺」ですから、これは事実ということではないでしょうか。

      また、藤野議員の「防衛予算は人を殺すための予算」発言については、自衛隊の災害支援での働きを見て「人のために役立ちたい」と自衛隊に入隊する人たちもいるくらい、素晴らしい活躍をされているわけですから、安保法制=戦争法と一体に海外派兵用の武器・装備が拡大している状況についてを念頭においての発言とはいえ、一方的すぎたのではないかと思います。

      いずれにしても、誰もが「殺し・殺される」ような場に行かずに済むように、また、世界中からそんな場がなくなるように平和を広げていくのが、被爆国日本の使命ではないでしょうか。そのために力を合わせていきたいものです。

      返信

kumakei にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください