2 thoughts on “日本共産党道議団と共に石炭博物館模擬坑火災現場を視察しました

  1. 武田美嗣

    自分の親父は昔、昭和30年代に雨竜郡沼田町字昭和官有地の炭鉱で働いてた事があります。
    夕張炭鉱にも母方の兄弟が働いてました。
    一時隆盛極めた炭鉱労働でしたが、落盤事故、二酸化炭素も多く次第に衰退していきました。
    でも、間違いなく是から高度成長期差し掛かる時代を力強く蒸気機関車と共に引っ張たのは炭鉱業でした。忘れては成らないと思います😭

    返信
  2. kumakei 投稿作成者

    武田美嗣さま コメントありがとうございます。返信が遅くなり申し訳ありません。
    私の祖父も一時期夕張の炭鉱で働いていました。
    本当にたくさんの方が危険な炭鉱労働に従事し、多くの犠牲者を出しながら高度経済成長を支えてきました。
    当時、命と暮らしを守るために労働運動も活発になりましたが、今の状況はどうでしょう?
    様々な圧力がかけられ、労働運動は小さくなるばかりのように見えます。
    若者たちが自分たちの事を「社畜」などと言って諦めるのではなく、労働組合につながって自分たちの権利と暮らしをしっかり守れるように、がんばらなくてはなりませんね!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください