夕張市はブラックボックス?! #北海道知事選挙 #鈴木直道

フリージャーナリストの横田一氏の現場直撃リポート。
菅チルドレンと言われる、鈴木前夕張市長の闇と鈴木市政8年の闇!

特に、元大に売却したリゾート4施設、「地元で事業を継続し100億規模の投資をする」ということで、議会も承認をしたが今年2月には日経新聞や北海道新聞には15億で香港ファンドに転売という記事が掲載された。

これも国から「市として観光に直接かかわるな、民間に売るべき。」という指導があったーとの担当課の説明だった。国や道のかかわり、市長のかかわりはどうなっているのか?責任の所在は?

炭鉱から観光へ舵を切らされ、松下興産の施設を買い取り、雇用を守ってきた夕張。
その観光施設すらも今度は香港ファンドに…?

炭鉱時代から夕張の市政はブラックボックスとか~誰に決まるかわかりませんが新市長の元、今度こそ「住民自治でガラス張りの市政」を目指したい。
そのためにも市民の皆さんと住民自治をすすめる活動を強化したいですね!

夕張観光4施設売却へ 17年取得の元大 香港系ファンドに

02/21 05:00

3 thoughts on “夕張市はブラックボックス?! #北海道知事選挙 #鈴木直道

  1. ピンバック: #北海道知事選挙 #鈴木直道 お問い合わせが多いのでインフォメーションページ作成しました | ユーパロの風

  2. 遠藤敦

    結局、鈴木直道氏の夕張市長としての実績とはなんなのか。国、もっとはっきりいえば菅官房長官のいいなりとなっただけで自分自身の考えというのは、パフォーマンスとして受取る給与を減らして清貧アピールをしただけではないのか。

    返信
  3. kumakei 投稿作成者

    遠藤敦さま  コメントありがとうございました。
    返信が遅くなり申し訳ありません。
    おっしゃることはごもっともと思います。
    共産党道議団が、元大の転売問題について質問の準備を進めているようです。

    返信

kumakei にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください