少女マンガとジェンダー8(最終回)~時代を反映した作品たち 多様な少女の未来描いて

今回でひとまず終了の「少女マンガとジェンダー」の連載。少女マンガは時代を映していたり、作品と読者が双方向で影響し合ったり、国策に沿った作品を掲載したり…。「男だからこうあらねばならぬ」「女だからこうあるべき」そんな時代を通り越して、「人としてどうなの?」「自分はどうしたい?」誰もがそれぞれの思いを尊重される時代、「誰もがリスペクトされる時代」をつくっていきたいと思います。

画像をクリックするとPDF画面でお読みいただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください