新春のつどいで『夕張再生』への現況を報告しました

2月11日に開催された、党と後援会主催の『新春のつどい』で以下のようなスライドを使って、ここ2年の夕張市の状況の変化をお話ししました。

私たち日本共産党は、破綻当初から歴代の総務大臣が「国にも責任があった」と認める中で、「夕張の歴史的な経過の中で財政破綻に至った、国や道の責任、企業の責任を明確にし、責任を果たせ!」と訴えてきました。

しかし、破綻から10年の間は『全国最低の住民サービス・最高の住民負担』といわれる状況が続けられてきました。とくに市職員の待遇については、当初年額3割から4割にも相当するような給与カットが断行され、その後の職員の相次ぐ退職を受け、少しずつ改善されて現在はようやく9%カットまで戻されている状況ですが、市民にとって「暮らしやすいまち」にはまだまだ大きな隔たりがあるのが現状です。

夕張再生のための新規事業と職員給与改善を含めた事業の見直しで、総額353億円という財政再生計画の赤字額と同じ金額が今後2026年までの予算として追加されることが、昨年の3月に決まりました。

そこで、翌月の「広報ゆうばり2017年4月号」と、この間の新聞報道を使ってスライドにまとめ、その内のおもなものを下記に載せました。 今後も、暮らしやすいまちづくりが進められるよう市民の力を合わせていきましょう!(朝日新聞・北海道新聞・夕張市広報の記事を画像にして使用させていただいています。)

(4/16訂正:2枚目のパネルの朝日新聞記事が8/22付の記事でした。訂正のうえ、お詫びいたします。)


新春のつどいで『夕張再生』への現況を報告しました」への2件のフィードバック

  1. Piichan

    鈴木市長が橋下徹氏の訪問を受けたことが話題になっています。鈴木市長は東京都庁時代の知事が石原慎太郎氏だったのはよく知られていますが、橋下氏のような強引な人に魅力を感じてはいけないと思います。

    返信
    1. kumakei 投稿作成者

      Piichanさま
      コメントありがとうございます。
      新聞報道が、鈴木市長の思いを的確に報道しているかどうかについては、市長本人にしかわかりませんが、私も、多分多くの市民も、Piichanさまと同じように、「そうであってほしくない」と思っているのではないでしょうか。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です