清水沢浄水場45年ぶりに建て替え~視察しました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA9日、議会常任委員会で清水沢の浄水場を視察。(赤いコートが私―撮影してくれたSさんに感謝)

45年ぶりに建て替えー数年前の視察時には、「これで大丈夫なの?」 というくらい年季の入った施設に理科の実験のような初歩的な施設で驚きました。

清水沢と同時に旭町の浄水場も工事が進んでいます。2年前に市民向けの説明会を何度も開催し、水道料金の値上げを前倒しにするか、後に伸ばすか市民に意見を聞きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA水道説明資料合成市民の多くが、「前倒しでみんなで負担しよう」ということになり、担当課の職員も「説明の甲斐があった」と、とても喜んでいたのを思い出します。

これで、飲み水も安心。(資料をクリックすると拡大画面でお読みいただけます)

夕張の水道水は山頂に近い、川の一番の上流で、川上OLYMPUS DIGITAL CAMERAには人家も施設も畑もない、自然の水です。

札幌等の水に比べて、断然オイシイ!

自慢の水~ますますおいしくなるかも~!?

水面の魚ープランクトンが増えるので食べてもらうために放流しているとか―「入れ食いですよー」とのことでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 


3 thoughts on “清水沢浄水場45年ぶりに建て替え~視察しました

  1. 琵琶玲玖

    総選挙が終わって、1週間が経ちました。

    ●落ち着いて今度の結果を見ると、

    ①微増とみられていたていた共産党が、2.52倍増で、議案提案権を手にいれた。
    ②2勝2敗とみられてていた沖縄で、民主勢力が完勝した。
    ③微減か、横ばいとみられていた次世代の党が、壊滅した。

    後の増減は、所詮仲間内の増減で、あまり意味をもちません。

    共産党は、650万票、得票率10%、比例各ブロック+1を目標としていましたが、小選挙区700万票13%の得票率、議席は、四国ブロックは惜敗しましたが、東京、南関東、九州沖縄で2名増で,超過達成をしました。

    ●当初、共産党へは、安倍政権への対決姿勢が期待されましたが、「消費税に頼らない別の道」「東北アジア平和協力構想」、などの対案が浸透し、更に沖縄での、「選挙共同」などが共感を広げ、終盤では、早く政権を担ってほしいとの意見が、ネットで飛び交いました。
    棄権した人々のうち47%が、「もし投票したら共産党へ」との調査も公表されました。

    ●結論として、「目標は超過達成したけれど、高まる国民の期待には応えきれなかっった」と言うのが総括原案です。ご意見お聞かせ下さい。

    返信
    1. kumakei 投稿作成者

      琵琶玲玖さま
      ある人が言った「700億円使って総選挙をしたのは、共産党の議席を2.6倍にし、議案提案権を得るためだったんだね」―この言葉が忘れられません。
      参議院に続いて、衆議院でも議案提案権。北海道からも11年ぶりに衆議院議員が誕生し、喜びに沸いています。

       さらに主要な委員会には委員を複数配置できる、まさにこれから共産党の議員たちが国会で国民の代弁者となり、獅子奮迅の働きをしてくれることと思います。
       また、米軍基地と自公政権の圧政に苦しみ続けてきた沖縄は、保守の方たちと共闘し、オール沖縄で『安倍自公政権NO!』の民意をしっかりと突きつけました。(「東北アジア平和協力構想」は「北東アジア・・・」ですね)

      ●結論として、「目標は超過達成したけれど、高まる国民の期待には応えきれなかった」~私は高まる国民の期待に応えられるかどうかは、これからの国会での働きを見ていただきたいと思います。共産党の国会議員は地元の利益だけ誘導型ではありませんから、四国のこともしっかりとフォローしていくことと思います。そして、期待している方たちには、ただ座して成果を待つだけでなく、サポーターとして精一杯のできることをしっかりと果たすべきと思います。まだまだ遠慮深い方が多いですから。

       3か月後に迫った一斉地方選挙でー沖縄に続いて、住民たちが自分たちの地域生活を守るために一緒にたたかってくれるのがどこの政党で、だれが信頼できるのか、住民自治が構築できるのか、「民主主義の学校」といわれる地方自治での有権者の行動が問われることになるでしょう。

       マスメディアの論説委員の面々が、選挙直後に安倍総理と会食し、おみやげまでもたされて(イギリスなら即刻解職だそうですね)…と報道されています。報道が日本ではいい役割を果たしているとは言い難い状況が続いていますから、そのためにも、地域の問題点を洗い出し、それをどう変えていくのかしっかりとした政策を立て、情報の共有のためにネットを含めさまざまな方法での情報発信が必要になってくると思います。

       

      返信
  2. 琵琶玲玖

    お返事ありがとうございます。ご意見に全面的に賛成です。
    ただ、不破さんも言っておられる通り、「めでたさも小くらいなり」(毎日新聞インタビュウー)です。相手も必死に向かってくるでしょう!気を引き締めて頑張りましょう。次の記事もお時間があれば、ご一読いただき、ご意見お聞かせ下さい。

    新年おめでとうございます。-琵琶

    旧年中は大変お世話になりました。
    既にお気づきかと思いますが下記の記事よろしければご覧下さい。

    ★衆院選、最も注目されたのは「共産党の躍進」―27.0%
    共産党と国民の関係急変-山下書記局長

    もっとも低かったのは、みんなの党代表渡辺義美氏落選―4.4%、
    続いて自公3分の2越えー6.8%

    (2014/12/26 政治山クリックサーチ)
    1日でも早い、真の政権交代を!

    http://blogs.yahoo.co.jp/biwalakesix/33314177.html

    上記のURLを選択して、検索していただくと、全文が出てきます。
    ご意見お聞かせ下さい。

    今年もよろしくお願いします。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください