元夕張組

「華麗なる元夕張組、新年会のご案内」がファックスで届きました。

いっしょに子育てをし、同じ保育園の運営にかかわり、そして小樽や石狩、苫小牧へと夕張から転出していった仲間たちとの一年に一回のいわば「同窓会」。

家族の近況や、地域での子育て、学校での様子、子どもたちが大きくなってからはそれぞれの仕事、高齢者介護などなど…、毎年話題は尽きません。

今回、一番話題になったのは、何といっても26才から高校生までの子どもたちの、就職の問題です。

A君は大卒後、会社に入ったものの、仕事がきつく残業も多く、腰を痛めて退職。手術・療養後、現在はアルバイトをしながら「家具職人」養成の学校へ。

Bさんは臨時の教員に採用されたものの、職場の学校がひどい管理教育。教育現場に見切りをつけ、採用の更新をせず、一般企業は「正採用の会社はどこも長時間労働で残業は当たり前」と聞いて、「給料は安くても人間らしい暮らしがしたい。」と今は派遣社員。

C君は希望通り医療機器を扱う会社に入ったけれど、仕事はコンピューターのシステムエンジニア。仕事が終わるのは毎晩10時過ぎ。

D君は高校を出てからフリーター生活。今は派遣社員でホテルの厨房で働く。
E君は高校へ行かず、「ダンスの道に進みたい」そして仕事は大工。見習いだけれど道具は全部自前。親からの借金で揃えるのが普通。

Fさんは看護師、休みがなかなか取れないのが悩み。
6人中4人を親が援助、また、サラ金に何十万と借金のあった子も2人。

幼年期や中学・高校までを夕張で過ごした若者たちが、今、現代のひどい労働条件のもとで、それぞれが必死でがんばっています。

一生懸命働いているのに暮らせない…若者は自信も喪失…。こんな政治、絶対に変えるしかありません!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください